ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 仕事と生活の調和 (勤労者生活の向上) > 勤労者財産形成促進制度

勤労者財産形成促進制度

〜お知らせ〜

財形貯蓄関係

勤労者財産形成促進制度(財形制度)とは

財形制度の目的

 勤労者財産形成促進制度(財形制度)は、昭和46年に制定された勤労者財産形成促進法(財形法)に基づいて創設され、勤労者の貯蓄や持家といった財産づくりのための努力に対して、国や事業主が援助、協力することを目的としています。

リンク


  • PDF [413KB]


上掲のパンフレットは独立行政法人 勤労者退職金共済機構のページからダウンロードできます。

担当:

労働基準局勤労者生活課財形融資係(内線5367)、財形管理係(内線5368)


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 仕事と生活の調和 (勤労者生活の向上) > 勤労者財産形成促進制度

ページの先頭へ戻る